お金借りるフリーランス

\フリーランスがお金借りるなら/

トップページ > 京都府

収入が少なくてピンチ…!
急な出費で生活費が足りない…
フリーランスでも借りれるか不安…
やっぱりローン審査は厳しい?


そんな不安を抱えている方へ。

こちらでは京都府でお金を借りたい方のために、フリーランスでも借りれるおすすめのカードローンをご紹介しています。

フリーランスなら大手の消費者金融がおすすめです

お金を借りようと思った時、一番に思い浮かぶのが「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」だと思います。

その中でもフリーランスの方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローン。

銀行カードローンはやはり消費者金融より審査が厳しいため、収入が不安定なフリーランスでは審査落ちの可能性が高いです。

一度銀行カードローンで審査落ちると、その後他社で借りることすら難しくなってしまうリスクさえあります。

反対に消費者金融の場合には、審査が厳しいという評判をあまり聞きませんし、その分金利が高くなっているという特徴があります。

また、大手の消費者金融であれば初回借入時のみ最大30日間利息0円で借りれるサービスがありお得です。

借り入れリスクの高い銀行カードローンに申し込むよりも、はじめから大手の消費者金融に申し込みした方が、フリーランスにとってはメリットが大きいと言えますね。

大手の消費者金融なら今日中に借りれます

今すぐお金を借りたいなら、即日融資にも対応している大手の消費者金融カードローンをおすすめします。

来店不要で24時間365日Web申し込みが可能なので、誰にもバレずに最短で今日中にお金を借りれます。

フリーランスが審査に有利になる方法あります

正社員などと比較すると、収入が不安定なため審査が厳しくなると言われるフリーランス。

ですが、フリーランスの場合「前年度の収入を証明できるもの」があれば、ぜひそれをローン会社に提出して下さい。審査において有利になると思います。

それから、ご自分のホームページなどをお持ちであれば、実際の活動内容等をホームページ上に記載し、ローン会社に分かるようにしてみて下さい。フリーランスとしての実績が目に見えて分かるのも審査においては有利になります。

\フリーランスでも借りれる/
即日融資カードローン

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率0.9%~12.0%
限度額最大1,000万円
審査時間最短30分
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)

みずほ銀行またはソフトバンクとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.2%引下げ)。貸付利率(実質年率)0.9%については、みずほ銀行ならびにソフトバンクとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌営業日になることもあります)
  • フリーランスの方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートで安定した収入のある方なら借りれます
  • 申し込み前に無料のスコア診断で事前に金利や限度額を判定可能

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 住民税決定通知書
  • 課税通知書
  • 所得証明書

【本人確認書類はこちら】

J.Scoreは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は本人確認書類としていずれも有効期限内または現在有効な健康保険証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、特別永住者証明書をご用意ください。学生の方は、学生証もご提出ください。

最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの方は、以下のいずれかの公的な収入証明書類を用意しておくことをおすすめします。

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表)

【本人確認書類はこちら】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
  • お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
PC・スマホから申込可能
24時間365日土日もOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手キャッシング会社で安心

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書

【本人確認書類はこちら】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
来店不要で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの場合、以下のいずれかの公的な収入証明書類を提出すると審査に有利になるようです。

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

【必要書類はこちら】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

こちらでは、フリーランスでもお金が借りれる方法としておすすめのカードローンをご紹介しました。

最近では、フリーランスで働く人が増えているため、フリーランスでも借りれる所を探している方は多いようです。

一言にフリーランスと言っても職業は様々。

フリージャーナリストやフリーアナウンサー、フリーカメラマンはもちろん、ライターやイラストレーター、WEBデザイナーやプログラマーなどもフリーランスです。

どんな職種で働いていたとしても、カードローン申し込み時には現在の職業そのものを正確に記入すること、これが大切です。

どうしてもお金を借りたいとばかりに職業欄に嘘の情報を記入する方もいるようですが、遅かれ早かれバレること。くれぐれも申込時の情報は正確に記入するようにして下さい。

京都府の方向けフリーランスの融資に関するQ&A

こちらでは、フリーランス(個人事業主)の方でお金を借りたいけど審査が不安…という方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. やっぱりフリーランスだとカードローン審査に不利ですか?

A. 確かに一般企業に勤める正社員と比べると審査は不利になってしまいます。

ですが、収入が不安定なフリーランスでも申し込めるカードローンはあります。

フリーランスが確実に審査を通過するために出来ることは、主に2つです。

一つ目は、前年度の収入を証明できる「公的な収入証明書」を用意すること。

収入が不安定なことからフリーランスへの信用度は低いもの。そのため、不安定ながらもきちんと収入があることを収入証明書を提出することで証明します。

二つ目は、自宅に固定電話を引いていること。

やはりフリーランスの場合は、固定電話があるのが当然かと思います。

携帯電話だけでは実際にはどこで働いているのか不明ですが、固定電話さえあれば場所が特定されるため、本当にフリーランスとして働いていることが証明できます。

そしてさらには、個人事業主としてホームページを持っているとなお信用度が高まります。そのホームページには、取引内容など実績を掲載しているページが一つあると審査に有利になると思います。

Q. 私は個人事業主です。カードローン審査に通るにはどうしたらいいですか?

A. 公的な収入証明書を提出して下さい。

個人事業主(フリーランス)だからと言って、特別な審査になることはありませんが、やはり収入が不安定であることが審査において不利になります。

ということは、審査に不利になる収入を証明できる書類を提出すれば良いという事です。

よく大手カードローン会社では、50万円以下の借り入れなら収入証明不要で借りれる所が多いですよね。

でも、フリーランスの場合にはたとえ少額の借り入れであっても、収入証明書を提出してください。審査においては有利になると考えられます。

それから借入希望額についてですが、はじめは必要最低限のみ少額借り入れるようにしてみて下さい。個人事業主でなくても、高額融資より少額融資を希望する方が審査においては有利になるとされています。

Q. フリーランスでも即日融資は可能ですか?

A. 即日融資に対応している消費者金融であれば原則可能です。

フリーランスが即日融資を受けるためには、まずは安定した収入の有無が不可欠です。

年収がどのくらいなのか、フリーランスとしての実績はあるのか、何年フリーランスとして働いているのかがポイントになります。

返済能力を判断するために必要となる収入の有無。これは収入証明書を提出することで証明できます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルの場合は、借入希望額が50万円以下の場合は収入証明書の提出が不要となっています。

ですが、フリーランスの方が即日融資を希望する場合には、たとえ借入希望額が50万円以下であっても収入証明書類の提出を求められる可能性が高いです。

よって、この場合は提出を求められる前にこちらから提出する方が良いかもしれません。審査において有利になるからです。

どんなに少額融資であっても急ぎでお金が必要な場合には、収入証明書を用意しておくことをおすすめします。

フリーランスでお金借りるための基礎知識コラム

キャッシング大手というと、どんな会社を思い浮かべますか。銀行系と消費者金融系に分かれていて、銀行系ならモビットやノーローン、非銀行系ではプロミスやアコムなどといった古くからある会社が知名度が高いです。



広告費のぶん高い利息なんじゃと思いがちですが、実際のところ真逆で、大手の特長は『お得感』です。
なんといっても利率が低いのです。



返済するときは、元金に利息分を加えたものを支払うので、高い利率より低い利率を選ぶほうが、確実にラクに返済できますし、延滞を起こしにくいというのも事実です。契約したキャッシング企業には、常に新しく正しい情報を提供しておかなければなりません。
例えば、会社を退職し、申請時に記入した勤務先が変わったら、できるだけ早く業者に連絡しましょう。

住所や電話番号が変わった際も速やかに連絡しましょう。転職を知られると、キャッシングが使えなくなると心配される方もいますが、直後に利用に制限がかかることはありませんし、きちんと対応してくれます。

反対に、連絡せずに後からそのことが業者に伝わった時の方が面倒なことになるので、変更がある時には確実に連絡をしましょう。



これまで堅実に暮らしてきて、何の心配もしていませんでしたが、いつなんどき「すぐにお金を、それもそこそこの金額揃えなければならない」思い出したくないかもしれませんが、年を重ねれば重ねるほど、そんな経験の1つや2つありますね。

でも、そのお金はどうやって用意したらいいのでしょう。一番可能性が高いのはクレジットカードでしょうか。

ATMのように気軽に利用できる消費者金融の貸付機などがあちこちにみられるようになり、頼もしい限りです。
怖い顔の人がいるわけではないし、所要時間も人によってはたった5分で、手続きできることが多いようです。

もしもの場合を考えて、自分に合った会社を探しておくことをお勧めします。金融業者からキャッシングをするというのは一般的には数万円から多くても数十万円程度の金額を融資してもらうことが出来るサービスです。大体の場合、金融会社から借金をする際にはさまざまな保証をきちんと用意する必要が出てきます。

但し、キャッシングの場合には金額も少ないですから誰かに保証人になってもらったり、物件を担保にする骨の折れるような手順を踏まなくて済みます。

本人による申し込みだという確認のとれる材料があれば、とっても手軽にお金を借りることが可能なのです。支払うだけの金銭の準備が出来ていなかったりして、返済日を迎えても払えずそのままになり、結果として、延滞してしまった場合、連絡が次の日にはあるでしょう。連絡を気にも留めずにいると、その結果、所有する財産の差し押さえが施行されてしまうことだってあるのです。
対象となるのは給与です。自宅で業者が次々に家財などを差し押さえていくなんてドラマのワンシーンみたいなことは実際には起こらないのです。
キャッシングが完済したので解約するのが当たり前だと思っている方も少なくありません。解約の方法ですが、コールセンターなどに解約したいということを伝え、ご自身でカードそのものを破棄すれば、解約完了です。ちなみに、解約のタイミングは都合の良いタイミングでできますが、契約を解消すると、再びキャッシングする場合は新規契約と同じ手順をとらなければなりません。今後、急にお金が必要になった場合はどうするのか、また、審査に通らなくなる可能性はないのかなど、しっかり考えてから決めてください。



銀行の窓口と違い、キャッシングは休日でもお金を借りられます。消費者金融というのは休日や祝日などに関係なく、常に開いているからです。

年末年始は休むところも多いですが、ほとんどの業者は、年中無休の9時から21時の営業時間になっています。

当然、営業時間内であれば、新規契約の申し込みも受け付けていますから、祝日に遊びに行くのにお金がない、といったケースでも、早めの時間に申込を行っておくと、数時間後にはお金を用意してもらえるでしょう。もしお金の準備ができなかった場合でも、支払いを引き延ばし、長期間そのままにするのはあってはいけないことです。支払いに遅れるとすぐに信用情報に記録されて、それが長期にわたってしまうと、世間でいうブラックだと判断されます。あなたがブラックだと決定すると、今現在の借入金の一括返金を要求されるのに加えて、その他のローン契約がすべて不可能になります。借入ができるのは20歳以上ですが、それの上限は、クレジット会社などでは69歳までが多く、概ねの銀行では65歳とされています。



審査に通ったのがこの年齢であっても、その後、カードローンの更新の際に年齢も自動で更新される為、上限年齢を超えれば契約も更新されません。
クレジット会社などの消費者金融の契約は5年おき、銀行は1年に1度更新されます。

京都府フリーランスへの融資に関するお役立ち情報

\フリーランスでお金借りるなら/
即日融資NO.1のJ.Score

京都府で今すぐお金借りるなら↓