お金借りるフリーランス

\フリーランスがお金借りるなら/

トップページ > 沖縄県

収入が少なくてピンチ…!
急な出費で生活費が足りない…
フリーランスでも借りれるか不安…
やっぱりローン審査は厳しい?


そんな不安を抱えている方へ。

こちらでは沖縄県でお金を借りたい方のために、フリーランスでも借りれるおすすめのカードローンをご紹介しています。

フリーランスなら大手の消費者金融がおすすめです

お金を借りようと思った時、一番に思い浮かぶのが「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」だと思います。

その中でもフリーランスの方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローン。

銀行カードローンはやはり消費者金融より審査が厳しいため、収入が不安定なフリーランスでは審査落ちの可能性が高いです。

一度銀行カードローンで審査落ちると、その後他社で借りることすら難しくなってしまうリスクさえあります。

反対に消費者金融の場合には、審査が厳しいという評判をあまり聞きませんし、その分金利が高くなっているという特徴があります。

また、大手の消費者金融であれば初回借入時のみ最大30日間利息0円で借りれるサービスがありお得です。

借り入れリスクの高い銀行カードローンに申し込むよりも、はじめから大手の消費者金融に申し込みした方が、フリーランスにとってはメリットが大きいと言えますね。

大手の消費者金融なら今日中に借りれます

今すぐお金を借りたいなら、即日融資にも対応している大手の消費者金融カードローンをおすすめします。

来店不要で24時間365日Web申し込みが可能なので、誰にもバレずに最短で今日中にお金を借りれます。

フリーランスが審査に有利になる方法あります

正社員などと比較すると、収入が不安定なため審査が厳しくなると言われるフリーランス。

ですが、フリーランスの場合「前年度の収入を証明できるもの」があれば、ぜひそれをローン会社に提出して下さい。審査において有利になると思います。

それから、ご自分のホームページなどをお持ちであれば、実際の活動内容等をホームページ上に記載し、ローン会社に分かるようにしてみて下さい。フリーランスとしての実績が目に見えて分かるのも審査においては有利になります。

\フリーランスでも借りれる/
即日融資カードローン

PC・スマホから申込可能
24時間365日土日もOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手キャッシング会社で安心

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書

【本人確認書類はこちら】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの方は、以下のいずれかの公的な収入証明書類を用意しておくことをおすすめします。

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表)

【本人確認書類はこちら】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
来店不要で即日融資OK
実質年率4.5%~18.0%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの場合、以下のいずれかの公的な収入証明書類を提出すると審査に有利になるようです。

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

【必要書類はこちら】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

こちらでは、フリーランスでもお金が借りれる方法としておすすめのカードローンをご紹介しました。

最近では、フリーランスで働く人が増えているため、フリーランスでも借りれる所を探している方は多いようです。

一言にフリーランスと言っても職業は様々。

フリージャーナリストやフリーアナウンサー、フリーカメラマンはもちろん、ライターやイラストレーター、WEBデザイナーやプログラマーなどもフリーランスです。

どんな職種で働いていたとしても、カードローン申し込み時には現在の職業そのものを正確に記入すること、これが大切です。

どうしてもお金を借りたいとばかりに職業欄に嘘の情報を記入する方もいるようですが、遅かれ早かれバレること。くれぐれも申込時の情報は正確に記入するようにして下さい。

沖縄県の方向けフリーランスの融資に関するQ&A

こちらでは、フリーランス(個人事業主)の方でお金を借りたいけど審査が不安…という方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. やっぱりフリーランスだとカードローン審査に不利ですか?

A. 確かに一般企業に勤める正社員と比べると審査は不利になってしまいます。

ですが、収入が不安定なフリーランスでも申し込めるカードローンはあります。

フリーランスが確実に審査を通過するために出来ることは、主に2つです。

一つ目は、前年度の収入を証明できる「公的な収入証明書」を用意すること。

収入が不安定なことからフリーランスへの信用度は低いもの。そのため、不安定ながらもきちんと収入があることを収入証明書を提出することで証明します。

二つ目は、自宅に固定電話を引いていること。

やはりフリーランスの場合は、固定電話があるのが当然かと思います。

携帯電話だけでは実際にはどこで働いているのか不明ですが、固定電話さえあれば場所が特定されるため、本当にフリーランスとして働いていることが証明できます。

そしてさらには、個人事業主としてホームページを持っているとなお信用度が高まります。そのホームページには、取引内容など実績を掲載しているページが一つあると審査に有利になると思います。

Q. 私は個人事業主です。カードローン審査に通るにはどうしたらいいですか?

A. 公的な収入証明書を提出して下さい。

個人事業主(フリーランス)だからと言って、特別な審査になることはありませんが、やはり収入が不安定であることが審査において不利になります。

ということは、審査に不利になる収入を証明できる書類を提出すれば良いという事です。

よく大手カードローン会社では、50万円以下の借り入れなら収入証明不要で借りれる所が多いですよね。

でも、フリーランスの場合にはたとえ少額の借り入れであっても、収入証明書を提出してください。審査においては有利になると考えられます。

それから借入希望額についてですが、はじめは必要最低限のみ少額借り入れるようにしてみて下さい。個人事業主でなくても、高額融資より少額融資を希望する方が審査においては有利になるとされています。

Q. フリーランスでも即日融資は可能ですか?

A. 即日融資に対応している消費者金融であれば原則可能です。

フリーランスが即日融資を受けるためには、まずは安定した収入の有無が不可欠です。

年収がどのくらいなのか、フリーランスとしての実績はあるのか、何年フリーランスとして働いているのかがポイントになります。

返済能力を判断するために必要となる収入の有無。これは収入証明書を提出することで証明できます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルの場合は、借入希望額が50万円以下の場合は収入証明書の提出が不要となっています。

ですが、フリーランスの方が即日融資を希望する場合には、たとえ借入希望額が50万円以下であっても収入証明書類の提出を求められる可能性が高いです。

よって、この場合は提出を求められる前にこちらから提出する方が良いかもしれません。審査において有利になるからです。

どんなに少額融資であっても急ぎでお金が必要な場合には、収入証明書を用意しておくことをおすすめします。

フリーランスでお金借りるための基礎知識コラム

消費者金融の審査緩いと評判のプロミスを利用したいと決めた人の借り方は毎月支払わなければいけない金額の返済方法が決定されていたり、自身で返済の方法を選ぶこともできますが、余分な利息をつけたくないのであれば、できるだけ早々に返済ができる借り方にしたほうが、利息の点から考慮すればお得になる流れが多いのでおすすめです。他社借入を利用した事がある人は知っていると思いますが、短期間で返済できるのであれば、努力すればするほど次回利用するときにも消費者金融の審査や在籍確認の時間が短くなる場合もあり、早い借り入れがさらにしやすくなります。



銀行や信用金庫などそれぞれの金融機関により借りることのできる金額が異なっていて、額の小さな融資や即日できる融資のみでなく、数百万円にもような及ぶ大口の融資に関しても必要ならば受けることが可能となっています。大手消費者金融の審査早い申し込みから融資をしてもらえるまでも迅速で、思った以上にスピーディーにお金を手にできるので、多くの人がいろいろな場面で役に立てています。それぞれの金融機関が発行しているカードで即日借りるというのがよく利用されている方法だと思います。


どうしてもお金が足りずに生活に困るという状態ならば早い段階で借りられる消費者金融の審査通りやすいプロミスで借入することを考える必要も出てくるかと思います。
他社借入を利用したことがある人はご存知だと思いますが、お金を借りる方法の流れは、消費者金融会社などに申請をして即日書類の記入や提出など進めて参りますが、いくつも貸金業者がある中で注目してほしいのがプロミス審査です。ネットやテレビなどでも大々的に宣伝をしていますし、消費者金融業者の中では何処よりも信頼度が高いでしょう。


早いスピーディーな在籍確認などの消費者金融の審査を通過して即日融資が可能なケースも多いので、お金に困ったときにはとても頼りになる存在です。プロミスに資金を融通して欲しいと考えているなら借り方は、インターネット、電話、窓口、ATMと4つの方法で消費者金融の審査早い簡単で便利に届け出る仕組みができています。三井住友もしくはジャパンネットどちらかの銀行に口座があるなら、大手消費者金融の審査早いプロミスの申し込み受付がきちんと容認されてから10秒あまりで土日平日関係なくほぼ24時間いつでも自分の口座に振り込んでくれる驚きのサービスを手軽に活用することができ、さらに便利で通りやすい流れです。
女性のみ使用可能な専用ダイヤルや約一か月の無利息期間などもプロミスがたくさんの人に選ばれている理由でしょう。気になる在籍確認方法や他社借入についてもプロミスは確認をしています。お金を借りる方法はおおまかに銀行系とノンバンク系に分けることができますが、銀行系最大のメリットといえば、金利があまり高くないので、利息が比較的安く済むということでしょう。

他にも、借入限度額が年収の3分の1という法律の規制がないので、比較的、借入限度額が高くなります。
在籍確認や他社借入の確認はありますが、申し込み時間によっては、その日のうちに融資を受けられますし、社会的な信頼度が高く早いのが銀行系の強みでしょう。
さらに、銀行系の融資は利用できるATMの数がたくさんあり、最寄りのコンビニATMが使えることも多いので、利便性がかなり高くなる流れです。とはいえ、その分だけ消費者金融の審査通りやすいと噂されていた即日融資可能なプロミスの通過率は低くなり、審査落ちしてしまい、融資を受けられない人も多いのですが、プロミスの条件が許すのであれば、三井住友銀行系の方が利便性は高いです。
借り入れはクレジットカードに付帯されているものを使って現金を手にすることは無駄な時間を使うことなくお手軽なサービスなのです。きちんとカードが発行されて受け取りが完了しますと借り入れに関しての消費者金融の審査や在籍確認につきましても他社借入など通過しているということにつながりますから、そのカードの借り入れの最高額までであればいつでもどこでも簡単に引き出しが出来るATMなどの消費者金融の審査早い借り方でスムーズな流れで現金の借り入れをすることが出来ますから、覚えておきましょう。どうしてもお金が足りずに生活に困るという事ならばスピーディーに融資してくれる消費者金融の審査早いと言われるアコムからとりあえず決めるのも良いでしょう。

とにかく初めに大手消費者金融会社などいわゆる貸金業者に申請をして在籍確認、審査に合格して融資を受ける借り方になりますが、どの業者にするか迷ったら消費者金融の審査緩いと言われているアコムむじんくんをオススメします。色々な宣伝で目にすることもとても多いですし、安心して利用することが出来るので在籍確認、即日審査を申し込みたい消費者金融会社だと言えるでしょう。融資まで素早く進めてくれて一日かからない流れですから、お金に困ったときにはとても頼りになる存在です。


ただし、他社借入がある場合には本当のことを記入しておかないと審査に落ちることもあります。


携帯電話料金やクレジットカードの滞納は事故歴として残ってしまいますが、税金の滞納については特に問題なく大手消費者金融の審査早いと聞くプロミスで融資を受けられます。

税金は高金利なため、滞納を続けると利息がどんどん膨れ上がってくるので、貸付金で税金を支払うという借り方の節約方法もあります。税金の滞納が一定期間を過ぎると財産が差し押さえされるケースも少なくありません。ですから、未納分の税金がある場合は、早めに払っておいた方が良いです。


もし、一度に払えないという場合でも、即日にでも税務署に相談すれば分割して納税できるようにしてくれたり、条件によっては減税措置を取ってくれるかもしれません。


税金が未納になる場合は、それが分かった段階で連絡する流れにしましょう。消費者金融の審査緩いと噂のプロミスでは在籍確認や他社借入についても質問されるので正直に話しましょう。


大手消費者金融の審査後借り入れを利用したことがあるという方は決して少数に限ったことではないと言えるでしょうが、しっかりと毎月の返済プランを考えて借金をしたけれども期限の日にどうしても全額を揃えることが出来ずに支払いが難しくなってしまうという場合もあるかも知れません。
借り方でにっちもさっちもいかないというような状況でしたら、リボ払いという返済の手段をとることによって無理なく返済していくことが可能になる流れもあるのです。

どう考えても支払いが無理であろうというときには、リボ払いを利用して負担を減らしていきましょう。プロミスの大手消費者金融の審査は在籍確認や他社借入について早いと聞きますが、そんなことはありませんので正直に話すことです。申し込んだその日のうちに借入をしなくてはならないという状況に陥ってしまった借り方のときには、いちばん初めに、申込日に借り入れ出来る早い貸金業者を検索することから始めていきましょう。

たくさんの業者のうち、プロミス消費者金融の審査を選べばきちんとトラブルなく受け付けてくれるはずです。

出来る限り思いついてから早い段階で手間のかからない方法で消費者金融の審査に申し込みをした後、そこから通りやすいプロミス審査や在籍確認へと流れて不備がないと判断されますと念願の借り入れが可能となるでしょう。



消費者金融の審査に他社借入がないと虚偽の証言をすると融資を受けられません。

沖縄県フリーランスへの融資に関するお役立ち情報

\フリーランスでお金借りるなら/
即日融資も可能なプロミス

沖縄県で今すぐお金借りるなら↓