お金借りるフリーランス

\フリーランスがお金借りるなら/

トップページ > 埼玉県

収入が少なくてピンチ…!
急な出費で生活費が足りない…
フリーランスでも借りれるか不安…
やっぱりローン審査は厳しい?


そんな不安を抱えている方へ。

こちらでは埼玉県でお金を借りたい方のために、フリーランスでも借りれるおすすめのカードローンをご紹介しています。

フリーランスなら大手の消費者金融がおすすめです

お金を借りようと思った時、一番に思い浮かぶのが「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」だと思います。

その中でもフリーランスの方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローン。

銀行カードローンはやはり消費者金融より審査が厳しいため、収入が不安定なフリーランスでは審査落ちの可能性が高いです。

一度銀行カードローンで審査落ちると、その後他社で借りることすら難しくなってしまうリスクさえあります。

反対に消費者金融の場合には、審査が厳しいという評判をあまり聞きませんし、その分金利が高くなっているという特徴があります。

また、大手の消費者金融であれば初回借入時のみ最大30日間利息0円で借りれるサービスがありお得です。

借り入れリスクの高い銀行カードローンに申し込むよりも、はじめから大手の消費者金融に申し込みした方が、フリーランスにとってはメリットが大きいと言えますね。

大手の消費者金融なら今日中に借りれます

今すぐお金を借りたいなら、即日融資にも対応している大手の消費者金融カードローンをおすすめします。

来店不要で24時間365日Web申し込みが可能なので、誰にもバレずに最短で今日中にお金を借りれます。

フリーランスが審査に有利になる方法あります

正社員などと比較すると、収入が不安定なため審査が厳しくなると言われるフリーランス。

ですが、フリーランスの場合「前年度の収入を証明できるもの」があれば、ぜひそれをローン会社に提出して下さい。審査において有利になると思います。

それから、ご自分のホームページなどをお持ちであれば、実際の活動内容等をホームページ上に記載し、ローン会社に分かるようにしてみて下さい。フリーランスとしての実績が目に見えて分かるのも審査においては有利になります。

\フリーランスでも借りれる/
即日融資カードローン

24時間365日申し込みOK!
PC・スマホ対応
実質年率0.9%~12.0%
限度額最大1,000万円
審査時間最短30分
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)

みずほ銀行またはソフトバンクとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.2%引下げ)。貸付利率(実質年率)0.9%については、みずほ銀行ならびにソフトバンクとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。

  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌営業日になることもあります)
  • フリーランスの方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートで安定した収入のある方なら借りれます
  • 申し込み前に無料のスコア診断で事前に金利や限度額を判定可能

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 住民税決定通知書
  • 課税通知書
  • 所得証明書

【本人確認書類はこちら】

J.Scoreは、運転免許証があれば今すぐお申し込みできます。
運転免許証をお持ちでない方は本人確認書類としていずれも有効期限内または現在有効な健康保険証、パスポート、個人番号カード(マイナンバーカード)、在留カード、特別永住者証明書をご用意ください。学生の方は、学生証もご提出ください。

最短即日で振り込み可能
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの方は、以下のいずれかの公的な収入証明書類を用意しておくことをおすすめします。

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表)

【本人確認書類はこちら】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など
  • お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
PC・スマホから申込可能
24時間365日土日もOK
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手キャッシング会社で安心

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの場合は、以下のいずれかの公的な収入証明書類があると信用度が高くなります。

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書

【本人確認書類はこちら】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住証明書 など
来店不要で即日融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要(借入額50万円以下の場合)
  • 今日中に借りれる
  • Webですべての手続き完了
  • 初回は30日間利息0円

【収入証明書類はこちら】
フリーランスの場合、以下のいずれかの公的な収入証明書類を提出すると審査に有利になるようです。

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

【必要書類はこちら】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

まとめ

こちらでは、フリーランスでもお金が借りれる方法としておすすめのカードローンをご紹介しました。

最近では、フリーランスで働く人が増えているため、フリーランスでも借りれる所を探している方は多いようです。

一言にフリーランスと言っても職業は様々。

フリージャーナリストやフリーアナウンサー、フリーカメラマンはもちろん、ライターやイラストレーター、WEBデザイナーやプログラマーなどもフリーランスです。

どんな職種で働いていたとしても、カードローン申し込み時には現在の職業そのものを正確に記入すること、これが大切です。

どうしてもお金を借りたいとばかりに職業欄に嘘の情報を記入する方もいるようですが、遅かれ早かれバレること。くれぐれも申込時の情報は正確に記入するようにして下さい。

埼玉県の方向けフリーランスの融資に関するQ&A

こちらでは、フリーランス(個人事業主)の方でお金を借りたいけど審査が不安…という方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でまとめてご紹介しています。

Q. やっぱりフリーランスだとカードローン審査に不利ですか?

A. 確かに一般企業に勤める正社員と比べると審査は不利になってしまいます。

ですが、収入が不安定なフリーランスでも申し込めるカードローンはあります。

フリーランスが確実に審査を通過するために出来ることは、主に2つです。

一つ目は、前年度の収入を証明できる「公的な収入証明書」を用意すること。

収入が不安定なことからフリーランスへの信用度は低いもの。そのため、不安定ながらもきちんと収入があることを収入証明書を提出することで証明します。

二つ目は、自宅に固定電話を引いていること。

やはりフリーランスの場合は、固定電話があるのが当然かと思います。

携帯電話だけでは実際にはどこで働いているのか不明ですが、固定電話さえあれば場所が特定されるため、本当にフリーランスとして働いていることが証明できます。

そしてさらには、個人事業主としてホームページを持っているとなお信用度が高まります。そのホームページには、取引内容など実績を掲載しているページが一つあると審査に有利になると思います。

Q. 私は個人事業主です。カードローン審査に通るにはどうしたらいいですか?

A. 公的な収入証明書を提出して下さい。

個人事業主(フリーランス)だからと言って、特別な審査になることはありませんが、やはり収入が不安定であることが審査において不利になります。

ということは、審査に不利になる収入を証明できる書類を提出すれば良いという事です。

よく大手カードローン会社では、50万円以下の借り入れなら収入証明不要で借りれる所が多いですよね。

でも、フリーランスの場合にはたとえ少額の借り入れであっても、収入証明書を提出してください。審査においては有利になると考えられます。

それから借入希望額についてですが、はじめは必要最低限のみ少額借り入れるようにしてみて下さい。個人事業主でなくても、高額融資より少額融資を希望する方が審査においては有利になるとされています。

Q. フリーランスでも即日融資は可能ですか?

A. 即日融資に対応している消費者金融であれば原則可能です。

フリーランスが即日融資を受けるためには、まずは安定した収入の有無が不可欠です。

年収がどのくらいなのか、フリーランスとしての実績はあるのか、何年フリーランスとして働いているのかがポイントになります。

返済能力を判断するために必要となる収入の有無。これは収入証明書を提出することで証明できます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルの場合は、借入希望額が50万円以下の場合は収入証明書の提出が不要となっています。

ですが、フリーランスの方が即日融資を希望する場合には、たとえ借入希望額が50万円以下であっても収入証明書類の提出を求められる可能性が高いです。

よって、この場合は提出を求められる前にこちらから提出する方が良いかもしれません。審査において有利になるからです。

どんなに少額融資であっても急ぎでお金が必要な場合には、収入証明書を用意しておくことをおすすめします。

フリーランスでお金借りるための基礎知識コラム

カードローンを利用する為には必要な書類は身分証明書だけで良いです。もしも、借入希望額が50万円を超えるときや、定期的な収入がない人だと、加えて収入があったことを明らかにする公的な書類の提出が必要となります。他にも、勤め先へ在籍確認をできることなら書類を提出することで済ませたいなら、それに使う書類を用意しておきましょう。

世の中でよく聞くキャッシングで不払いをしたら差し押さえられるというのは実際にあることなのでしょうか。私自身も過去にキャッシングをしたことがあり、滞納を何度かした経験がありますが、差し押さえになることは一回もありませんでした。繰り返し滞納をしたら差し押さえされてしまうのかもしれません。

今すぐ現金が手元にないといけないのにも関わらず、日々の貯金など全くしていないという悩みを抱いていらっしゃる方には、即日中にお金を貸してもらえるキャッシングをお勧めさせて頂きます。



大多数のカードローンを扱う会社では、その日に融資が受けられますので、キャッシングに必要な手続きをしたら、その場で融資を受けることだって決して難しくありません。

スマートな呼び方をしていますが、債務になるのがカードローンでしょう。

なるべく利用しないようにしたいですよね。


しかし、いざという時の備えに事前に契約を行っておくという方法もあります。


必ずしも契約と併せてお金を借りる必要はないのです。
余裕がある時に契約だけしておき、急な出費に対してカードローンを利用するということもできるのです。



学生生活といっても、学業以外のさまざまなイベントで急にお金が必要になる時があります。
そのような場合に便利なのがキャッシングですが、もし、いま20歳を過ぎていて少額でも収入を得ている場合、キャッシングサービスを使ってお金を借りられるでしょう。学生ローンなら未成年の借入もOKですし、キャッシングに比べると低金利のところが多いです。

クレジットカードを所有しているのであれば、キャッシング機能を使って借入することも可能です。しかし、どの方法を採るにしても、バイトなどで収入があることが絶対条件になります。学業が忙しい場合もあるとは思いますが、収入なしでも融資を受けられるようなキャッシングは、法に従った業者ではないと理解しておいてください。



ストレートに言えば、お金を借りることは無収入の夫に養ってもらっている人でも出来ます。具体的な説明をしてみれば、無収入で、パートナーの同意が得られないパターンであっても、借入総額の制限の対象外であるバンクの個人向け無担保融資だったら、配偶者に気づかれることなくキャッシングをすることが可能です。普段は金利の低いところを探して借りようとしますが、期日が近づいていたりすると、消費者金融での借換やおまとめローンなど、ややもすれば高金利な方に目がいきやすいです。
ただ、生活資金に限って言えば、住んでいる地域(都道府県)の社会福祉協議会に相談すれば、最大3.0%という低い金利で貸付けを行っています。

審査はありますが、該当するなら利用する価値は高いでしょう。
生活費を融資するのは「生活福祉資金貸付制度」と言い、用途別に他にも制度があります。また、原則保証人不要ですが、もし連帯保証人を付けられるようなら無利子で融資してくれます。


宣伝はしていませんから、利用するには窓口へ問合せしなければなりませんが、よく知った上で何のためのお金をどこから借りるか、よく考えてみてください。一旦、カードローンの審査に通って利用を認められた後でも再び、審査があるケースも少なくありません。ローンの完済後に解約を行わないまま、長い間カードローンを利用していなかった事例に多く見られ、利用していない期間中に、キャッシングなどの利用状況が変化していることも多々あるためです。再審査に通らなかった場合には、カードを持っていても、利用不可能となります。

キャッシングやカードローンを申し込みたいが在籍確認が心配という人は、少なくないようです。

一般的には在籍確認はもっとも確実な本人確認の手段であり、省かれることはありません。
カード会社の場合は個人名で、銀行の場合は銀行名でかかってくることが多いようです。


ただ、条件つきで勤務先への電話連絡をしないでくれる会社も出てきました。名前の通ったところではモビットとかプロミスなどがあります。どちらも銀行系ですが、指定された銀行と取引がある(口座がある)人や、勤務先名のある保険証、給料明細書などを提出すると、在籍確認に替えることができます。ただ、その人の前歴や勤務年数などによっては在籍確認することもあるので事前に確認したほうが良いでしょう。

埼玉県フリーランスへの融資に関するお役立ち情報

\フリーランスでお金借りるなら/
即日融資NO.1のJ.Score

埼玉県で今すぐお金借りるなら↓